fc2ブログ

六本木の昼飯Blog

東京ミッドタウン内の某企業戦士である管理人が、六本木のランチをノンジャンルでご紹介!美味しい店、安い店、大盛りな店、新規オープン店、駄目な店...。「六本木でランチ」をとことん楽しむためのブログです!

復活への序章

管理人ralphです。

大変ご無沙汰しております。
何の気なしに、自分のブログを除いたら、なんともう1年以上も更新していませんでした!!
ありえませんな・・・ブロガー失格です。
真鍋に合わせる顔がありません・・・orz

実は、六本木ヒルズからミッドタウンへの引越があったり、仕事やらプライベートやらがもう・・・ほら・・・何というか、年末年始にTV番組に出ずっぱりの芸人さん並みに多忙で。

・・・半分嘘です、ごめんなさい。
正直なところ、何かと諸処の事情に託けて、ブログに情熱を注げなくなった時期がありました次第であります。

しかし!!
またブログを少しずつやっていこうかな、と思い始めた今日この頃です。
そう思うようになった理由は、やはり情報を常に提供する側でいたいなと、考えたからであります。
平たく言えば、誰かのお役に立ちたいな、と。

六本木は、東京ミッドタウンが完成し、新国立美術館やらサントリー美術館やらができた事もあって、以前にも増して活気のある街へと変化しつつあります。

遊びに来られる方、観光で寄られる方、仕事で来られる方、お水のおねぇさま方とのつかの間デートを楽しまれる方、迷子になられる方・・・そんな六本木に交わる全ての方々のお役に立てるような、ブログにしていけたら・・・なんて小さな野望をもちつつ、リハビリも兼ねて、少しずつ更新していければと思います。

取り急ぎ、移転したお店や、惜しまれつつ閉店したお店をまずは加筆修正してみました!
・・・しかし今、自分の書いた過去の記事を読み返すと酷いデキです。
今となってはありえない程古いネタもあって、もう身もだえしております。
とはいえ、自らの過ちを振り返り、成長の糧にしていく為にも、敢えて修正せず、投稿時のままで行こうと思っております。
・・・決して、修正が面倒くさいからではありません!
断じて!

六本木は変化の早い街なので、新店もどんどん進出してきております。
まずは、私のお気に入りのお店から少しずつ紹介していきますので、お楽しみに!!
スポンサーサイト



  1. 2008/01/11(金) 01:02:30|
  2. ~¥1,000|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

駄菓子屋/ラーメン

海山商事勤務。27歳。妻子有り。恐妻家。
マスオさんと同期入社である彼は、そのタラコ唇な様相とは裏腹に、根は優しくて実に温かい人である。しかし奥さんが非常に厳しく、「僕が泣くのは女房に怒られた時だけだよ」とまでいわしめるほど。


つーか、オレより年下かよ・・・(泣)


あ、誰の事かは、みなまで言わなくてもわかりますよね。
そう、アナゴさんだね!(パッション風)
Anago.jpg

アナゴさんに対しての年齢詐称疑惑はともかく、アナゴといえば、やはり誰しもが思い浮かべるのはサザエさんに登場する、このタラコ唇不良サラリーマンの事ですね。
マスオが何度アナゴさんの魔の誘いにつきあって、ベロンベロンで家に帰ったことか。ぶっちゃけサザエはアナゴに対してジェラシーを感じているに違いません。
だってね、実はまだ新婚さん設定ですから、あの夫婦。

それはともかくですね、今回紹介するお店は、そんなアナゴさんと関係の深いお店です。

六本木の新しいランドマークとなるべく、完成が急がれている「東京ミッドタウンプロジェクト」。以前紹介した叙々苑はこの巨大ビルの建築現場の道を挟んだ真向かいにあります。
そこから、一本路地を斜めに入った先に、不思議なお店があります。
お店の前には巨大な「穴子拉麺」という暖簾が掲げられており、怪しさをかもし出しております。
そんな場所にあるのが、『駄菓子屋』です。
VFSH0157.jpg
いえいえ、駄菓子のお店ではなく、そういう店名なのです。
お店に一歩足を踏み入れると、魚だしのいい香りが鼻腔をくすぐります。
店内はややこじんまりとしていますが、ラーメン屋さんとしては標準サイズだと思います。
店の隅には、その店名から来ているのか、駄菓子コーナーがあります・・・噂では一人一個持って帰って良いとか。

詳細なレビューを書き始める前に、結論から言っておきます。


うみゃーよ。


あ、でもですね、拉麺道においてひとつのタブーがあります。
それは、
「人様の味覚と自分の味覚は異なるものと思え」
というものです。
100人が美味しいと言ったからといって、そのお店の味が自分の口に合うとは限りません。
同様に、人が美味しいといったものが口に合わないからといって、「まずい」などと発言すると品格を疑われるばかりか、人格まで疑われ、終いには骨格が変形するほど殴られる事もありえます。
まぁそれくらい中毒性や嗜好性が強い食べ物なのだという事です。

さてさて、管理人が注文したのはランチセット¥800です。
内容は、半ラーメン+半どんぶり+ゲソ焼売+餃子+卵焼きという非常に豪華!&安い!!
VFSH0160.jpg

穴子拉麺は穴子の骨、鶏ガラを合わせたあっさり塩味スープに極細ちぢれ麺ですが、これがまた上品でシンプルな味ながらも、しっかりとしたコクが出ており、ゴクゴクいけてします感じです。
VFSH0161.jpg
ともすると、塩系やあっさり系ラーメンは、コクが明らかに足りず香りもいまいち・・・という最悪のケースも少なからずあるわけですが、このお店に関してはその心配は全くありません。
おそらくはこの穴子の骨がいいダシを出してるのだと思われます。
VFSH0163.jpg
そういえば、昔管理人が知り合いの女性と味噌汁の話をしていて、「おれちゃんと、ダシを取る」と発言したとたん「またまた~。そういう下ネタ好きだね~」と笑われました。

ダシって下ネタなのか??

気を取り直して、ラーメンの具がまた、どれをとっても一工夫してあります。
味付け卵も素揚げしてあり、香ばしさがプラスされています。玉子を素揚げするのは、南の方では、やったりもしてますが、東京ではちょっと珍しいかもしれません。

また、一見かまぼこのように見えるのは、なんと穴子の飛竜頭です。口に入れるとフワフワな歯ごたえの中に、しっかりとした穴子の旨みが詰まっています。肉汁の出きったパサパサチャーシューの一億倍は美味い!
付け合せには江戸菜という、小松菜のお仲間である、ちょっと一風変った野菜が添えてあります。この江戸菜もやや苦味があり、癖があるのですが、このスープにはピッタリ合います。

さてさて、セットの穴子丼ですが、注文するときに、穴子天丼と酢飯の穴子丼のどちらかを選べます。管理人は穴子天丼をお願いしました。
なんと目の前で衣をつけて揚げてくれます。
で、できあがったのがこれです。
VFSH0162.jpg

穴子は、さすがにやや脂っぽいものの、肉厚でフワフワしており、甘みと旨みが濃厚です。伊達に、穴子をフューチャーしてないですよ、このお店。

セットに含まれる、ゲソシュウマイもフワフワで、味がしっかりとしています。
普通のシュウマイをイメージすると、若干裏切られますが、これは嬉しいほうの裏切りですね。
管理人の精神的なキャパシティとしては、切ない思いをする裏切りはもう勘弁してほしいのです(泣)。

穴子といえば、江戸前ですが、江戸前というのは、お鮨で言うと「ひと仕事をして出す」というスタイルでもあります。
漬けマグロしかり、煮ハマしかり。
そういう「一仕事する江戸前スタイル」がまさに息づいているお店です。
お勧め。
でも、非常に上品且つ、さっぱり味なので、こってりが好きな人にはお勧めできませぬ。

じゃあまあ、せっかくなんでネタをひとつ。

さぁーて!来週のサザエさんは?

『フネです。
最近、お父さんの様子が少し変なのです。
私が呼びかけても、「なんだい?おフネちゃん」と、あの頃の呼び名を使うだけではなく、夜ご飯を食べたのにすぐに、「おフネちゃん、ご飯はまだ?」と聞いてきます。
そして、夜だって・・・。

さて、次回は

「波平、ハゲ散らかす」
「タラちゃん、ベガスで豪遊」
「マスオ、新必殺技を編み出す」


の三本です。

んっ!ぬぁっ!んっ!んっっ!!』

(あの音は、現代の擬音表記では再現不可能です。)


駄菓子屋
港区六本木7-8-16 メゾン坂本1F
03-3470-7860
【ランチセット】¥800

【偉そうに採点】★5つで満点/☆は半分
■味・・・★★★★☆(塩系、魚系、あっさり系が好きな方にはお勧めです!)
■ボリューム・・・★★★★☆(十分なボリュームです)
■価格・・・★★★★☆(コストパフォーマンスは良いですよ。)
■サービス・・・★★★☆(流石に高級店・・・といった感じ。)
■リピート度・・・★★★★(もう少しヒルズから近かったら・・・。)
■分煙状況・・・はっきりとわかりませんでした。

【一言コメント】
とにかく穴場ですね。ここまで歩いてくるのが若干遠いのが残念。怪しい雰囲気に負けず、足を踏み入れるとプチ幸せを堪能できます。
  1. 2006/04/06(木) 01:29:44|
  2. ~¥1,000|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:18

叙々苑/牛丼

人間が無性に求めて止まないものがあります。

愛、お金、地位、名誉・・・


人の夢は終わらない!!


そんな名言残した方もいたりします。
そして、人が求めて止まないもの、それは・・・


牛丼。


アメリカ産牛肉の輸入再停止のニュースに悲涙を流した方がどれだけ居た事でしょう。
オージー牛丼が食べれるお店は結構あちこちにあるのですが、残念ながらアメリカ産牛肉で作った牛丼の味には及ばないというのが大方の感想のようです。

「じゃあ、和牛はどうなの?」

そんな疑問を持つ方もいらっしゃると思います。
和牛といえば、霜降り肉です。
霜降り肉といえば、高級焼肉店をイメージしますね。
そして、高級焼肉店と言えば・・・そう!


JoJo


まぁこの辺の中途半端なボケにお付き合いいただけている間は、続けていこうと思います、ブログ。
皆さんの憐憫の目線が、僕の内なる野生を燃え滾らせます。
JoJo風に言えば、

俺のォオ!内なる野生がァァァァァッッッ!!

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

燃え滾るのだァァアアアアアアアアッッ!!!!!

まぁそれはおいておいて、えーと。
そう、高級焼肉店と言えばやはり叙々苑
それも六本木店!
VFSH0132.jpg
なんとここにィッッ、高級霜降り和牛牛丼がぁッッ、ランチ限定メニューとしてあるのだァァアアアアアアアッッ!!!

・・・ちょっと息切れしてきました。

気を取り直して。
叙々苑と言えば、芸能人や著名人やシャチョーさんに大人気の高級焼肉店の代名詞です。
気になるあの子を落としたい時は、むしろちょっとしたプレゼントよりも、叙々苑の肉汁の方が効果が高い可能性が無きにしも非ずな傾向があるかもしれません。

シャチョーさん)この間はバレンタインデーにチョコレートありがとう。今日は僕にホワイトデーのお礼をさせてね。
モグ子)ありがとう!え~なんだろう・・・楽しみ~♪
シャチョーさん)じゃあ、ちょっとだけ目隠しさせてよ。いい?
モグ子)えー?なになに?(やべぇこいつこういう趣味かよ・・・)
シャチョーさん)すぐすむからさ。
モグ子)・・・うん。じゃあ、目隠しするね。
シャチョーさん)見えてない?・・・そしたら、お口をゆっくり開けて・・・。
モグ子)え??
シャチョーさん)いいから、ほら。
モグ子)うん・・・。(やべぇ・・・まじやべぇ・・・)
と、ここでシャチョーさんはモグ子に何かを食べさせる。
モグ子)ッッッ????こ・・・・これは!!!!
シャチョーさん)(にやり)
モグ子)この香ばしいながらも、さわやかな香り。噛み切るのに力は全く必要が無いほどのサシの入り具合。そしてこの噛み締める毎に、肉の旨味がジューシーに口いっぱいに溢れ、この肉汁の芳醇な香りと味わいと言ったら!!
こ・・・これはまさか・・・いや、間違いない・・・ここは・・・JoJo苑???
シャチョーさん)ふふふ。その通りさ。
モグ子)しゃ・・・シャチョーォォォォォォォッッ!!!ッオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァァ!!!


恋は、爽やかな肉汁と共に始まります。
・・・このブログ書いてるの会社のお昼休みなんですけどね。
なんなんでしょう、この意味不明なテンションは。
たまに自分が怖くなります。

いい加減にお店を紹介しますね。
今回のお店は叙々苑六本木店です。
今は目の前を東京ミッドタウンプロジェクトという、超巨大ビルの建築現場になっており、ここがオープンされると、六本木は「六本木ヒルズ」と「ミッドタウンプロジェクト」という二つの巨大ランドマークが完成するわけなのです。
midtown.jpg

さてさて、ここ叙々苑では、ランチに限定のメニューを食べる事ができます。
その中で今回ご紹介するのが、和牛を使用した叙々苑牛丼ランチです!
なんとお値段850円!
VFSH0139.jpg
さらにスープ、キムチ、ナムル、ドリンク付きという破格のお値段設定!分割金利手数料を負担してくれるよりも嬉しいお値段です。
だって、こういう意味の分からないメニューがありますから。
VFSH0136.jpg
薄切りなのに¥5,000って!
厚切りだったら許せますけど、薄切りの横暴を許すわけにはいかないのです。
お願いです、誰か食べさせてください。

付け合せの、キムチ、ナムル共に、味付けがマイルドで食べやすく、お味もなかなかです。
VFSH0138.jpg
牛丼はお肉の量がやや多めで、汁もやや多めでしょうか。
デフォルトが汁ダクな状態なので、汁ダクが苦手な方は、お店の方に事前に伝えておいたほうが良いかもしれません。
汁は、やや甘辛目の味付けで、肉汁のコクが溶け込んでいるような、やや後味も濃く残ります。
ぶっちゃけると、ちょっと脂っぽい。
ご飯はやや柔らかめで、正直もう少し固めの方が丼には合う様な気がします。
先ほどの脂っぽい汁と、柔らかいご飯の相性は微妙・・・そう"微妙"と言う言葉が、まさにばっちりと合うお味です。
肝心の肉ですが、和牛を使っているためか、赤身の部分がやや固く、全体的にボソボソしたような食感で、旨味はあるのですが、如何せん吉野家と比べてしまいます。
日本男児としては、なんとなくアメリカ産牛肉に負けたくない気持ちがあるのですが、どうにも牛丼に関しては、今のところアメリカ産がベストなのかなぁ・・・という感が叙々苑をしても、拭う事ができませんでした。

強く求めるものがある時に、それが得られないと分かるとやはり大きな失望が来ます。
その代替品を探しても、代わりになるとは限らなかったり。
人生の縮図を見た気がしました。
あまり過度の期待をしすぎるのは、もしかすると無駄な事なのかもしれません。

あ、言い方間違えました。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッッ!!!(ネタ)

叙々苑 六本木店
港区六本木7-12-2森野ビル2F3F
03-3478-8989
【叙々苑牛丼ランチ】¥850

【【偉そうに採点】★5つで満点/☆は半分
■味・・・★★★(吉野家の倍のお値段で、牛丼の完成度は半分・・・)
■ボリューム・・・★★★★(十分なボリュームです)
■価格・・・★★★★(コストパフォーマンスは良いですよ。)
■サービス・・・★★★☆(流石に高級店・・・といった感じ。)
■リピート度・・・★★★(もう牛丼を頼むことは無いと思いますが、他のメニューは食べたいです。)
■分煙状況・・・なぜか分煙されてなかった感じです。

【一言コメント】
吉野家で安全な牛丼が早く食べられるといいなぁ・・・という思いが帰って強くなりました(泣)。
  1. 2006/02/15(水) 23:23:22|
  2. ~¥1,000|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

コールド・ストーン・クリーマリー/アイスクリーム

“If you happy and know it clap your hand♪ ”(CLAP! CLAP!)

これ、六本木ヒルズに新しくオープンしたアイスクリーム屋さんの歌詞です。
お店の名前をColdStoneCreameryと言います。
051220_02.jpg

アメリカでは1000店舗も展開している、非常に勢いのあるフランチャイズで、「高級アイスクリームの路面店」という、日本ではややニッチな市場にチャレンジする第一号店が六本木ヒルズ店なのです。
051220_01.jpg
売りは、好みのアイスクリームとバラエティ豊富なフルーツ、ナッツ、ケーキを、-9度に冷した石の上でミックスするという新しいコンセプトと、冒頭の歌をアイスを作っているときに歌うと言うパフォーマンスが本国アメリカでは大人気だそうです。
でも、日本では歌いません。
噂では、レジ横の募金をした時に歌うんだそうです。
確かに日本ではちょっとこのパフォーマンスは恥ずかしいかも・・・。

ここのオープンの日にはそりゃもう大変な人だかりでした!
・・・てか、


日本人そんなにアイス好きだっけ???


と、思うほどに人だかりです。
噂では300人近く並んだとか何とか。
「流石にそろそろ落ち着いてるだろ~」
とかお思いの方。
今でも、ヒルズに休日においでになる場合は覚悟してきた方が良いです。


夜の10時を過ぎても30人くらいは並んでますから!!

てか、今、冬ですよ???
寒波来ちゃってて、大変なわけですよ!
そりゃもう日本海側では、大時化で蟹漁が出来なくて漁業関係者にとってはこの冬の寒さは死活問題だったりするわけなのに、六本木では「アイス食べたぁい!」とか言って、ネコも杓子もハイジもクララもコールドストーンに並んじゃうわけです。

これだけ寒いと、逆にカップルの距離は縮まるかもしれません。

 彼女)(寒そうに震える)
 彼氏)寒いの?
 彼女)うん。ちょっと寒いね。まだ時間かかるのかなぁ?結構待ってるよね・・・。
 彼氏)そうだね、コールドストーン人気だし仕方ないよ。
 彼女)でもちょっと寒すぎじゃない?風邪ひいちゃうよ。
 彼氏)そう?・・・じゃあ・・・もっともっと・・・もっっっと寒くなぁれ!。
 彼女)何それ?ひどくなぁあああああいっ????私が寒いって言ってるのにぃっ!!!
 彼氏)君への想いが熱すぎて、僕がオーバーヒートしそうだからさ。
 彼女)あまぁぁぁいぃ!!!


・・・良くこんな風景を見ますよ、金曜の夜とかに(嘘)。

何はともあれ、コールドストーンは今、六本木ヒルズで最も熱いスポットともいえます。
そんなコールドストーンに全く並ばないで入れる時があります。
それは・・・ランチタイム
ライバルゼロです。
051220_03.jpg
さてさて。
ランチタイムに行ってまいりました。ひとりで。
一匹狼ですから、寂しくも切なくも愛しくも無かったりするわけで、ええ全然・・・あれ、変だな、なんか書いてて涙が出てくる(泣)。

お店の店員さんは皆さん笑顔で優しく対応してくださいました。
僕の孤独な心を癒していただきつつ、「お勧めは何ですか?」と質問。
と、言いますのも、コールドストーンはメニューが多い!!
051220_04.jpg
且つ、作り方も色々あって選ぶのが大変です。
きっと僕のようなボウヤが多いのでしょう、お店の方の対応もスムーズです。
ベスト3までを丁寧に教えてくれました。

ちなみに、ベスト3は・・・
 3位 アップルパイ ア ラ コールドストーン(あやしい)
 2位 チーズケーキ ファンタジー(あ、これも嘘かも・・・)
堂々の第1位は・・・

ストロベリー・ショートケーキ・セレナーデ

です!!
って、そんなに大げさな感じでもないのですが、それを注文。
すると、サイズを聞かれます。
サイズも、S、M、でっけぇとあるんですが、一見するとわかりにくい感じです。

 ちょっと小さめ=Like it(お気に入り!)¥450
 普通サイズ=Love it(大好き!!)¥580
 アメリカンサイズ=Gotta Have it(絶対にほしい!!!!)¥900


となっております。
僕は、無難にLike itを選びました。
051220_05.jpg

いよいよ、調理に入るわけですが、お店の名前にもなった、-9℃の石の上でアイスとフルーツ、スポンジケーキを混ぜます!
20051103-coldstone.gif
転載ですが、良い感じのGIFアニメがありました。
こんな感じです。
でも、ここで歌って欲しかった!!!

 僕しか居ない店内・・・。
 陽気に英語の歌を歌うお姉さん・・・。
 微妙な発音・・・。
 僕の額からは、汗・・・。


シュールな空間です。


ダリも真っ青だったりするわけですが、そんなこんなで完成したのが、これです。
051220_06a.jpg


・・・誰か!美味しそうと言ってっ!!!


お味は、中々でした。
ジェラートに近い舌触りですが、どちらかというとトルコアイスに近いでしょうか?
そういえば、子供の頃に、お徳用バニラアイスを丼にあけて、コネコネして柔らかくしてから食べた時の味に似てるかも。
・・・あ、涙が。

とにかく、感動するほどの味ではないのですが、フレッシュフルーツやスポンジの入っている目新しい食感や、コネコネパフォーマンスを楽しむ分には良いかもです。
並ぶなら、くれぐれも風邪には気をつけて。
あと、間違えて募金をしてしまうと、そりゃもう大変ですから、募金の際にはご注意を。

コールド・ストーン・クリーマリー
港区六本木6-2-31 六本木ヒルズ ノースタワー1F
03-5412-1288
【ストロベリー・ショートケーキ・セレナーデ】Like it+
ワッフルコーン ¥500

【偉そうに採点】★5つで満点/☆は半分
■味・・・★★★(味そのものは普通ですが、食感が新しいです。)
■ボリューム・・・★★★★(Gotta Have itとかはかなり大きいとおもうのでご注意を)
■価格・・・★★☆(やや高めです。)
■サービス・・・★★★★☆(流石にサービスが良いですね。教育できてます。)
■リピート度・・・★★☆(もう少し空いてくれると・・・。)
■分煙状況・・・ばっちしです。

【一言コメント】
寒い中、何故にアイスを並んでまで食べたいのか??この疑問は氷解しませんでした・・・。
  1. 2005/12/20(火) 12:00:00|
  2. ~¥1,000|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

うまや 夫婦庵/和食・卵ご飯

もうまもなく、年の瀬ですね。

今年も色々ありましたが、間違いなく2005年は羊に席巻された年でした。
2004年の春頃、都内にジンギスカン専門店は、なんと10軒程度しかなかったそうです。
それが、今年の夏を終えた時点で100店舗を超える勢いだったというから驚きです。
それよりも、どうして今年の流行語大賞が「ジンギスカン」にならないのかも不思議です。
想定の範囲外です・・・つか、こういう流行語を堂々と使えるような心の強い人間になりたいといつも思います。

某番組では「来年はジビエがくる!」とか言ってました。
ジビエとは野生の動物の肉のことです。
猪肉や兎肉、鹿肉に熊肉なんてのもジビエです。
野味溢れる感じが魅力なのだそうですが、管理人に言わせて見れば、読みが甘すぎます。
良い機会なので、ここで来年2007年、オリンピックイヤーに相応しい、ブームになる料理を予言しましょう。
それはずばり・・・


卵ご飯です。


いや、間違いないですから。
ホント。

もちろんブロイラーの卵に、安物のご飯とかではないです。
こだわりの銘柄卵に、卵ご飯を食べる為にこだわりぬいて選び抜かれた最高のお米を羽釜や土鍋などで焚いたご飯に合わせて食べる・・・。
至福ですよ!!
卵ご飯定食には各店の自慢のおかず小鉢や、小鉢が付いて、海苔や醤油もこだわりぬいている卵ご飯定食!!
ずばり800円でいかがでしょう?!!(ジャパネッ○高田社長風)
36回までの分割金利手数料はジャパネッ○が負担します!!

さすがに専門店は出来ないでしょうが、そういう卵ご飯セットをランチやお夜食に売り出すお店が増えてくると思います。
そして、その兆候はもう始まっているんです。
今回紹介するお店は、六本木の隠れた名店・・・ある意味もう結構有名店ではありますが、市川猿之助さんプロデュースの和食屋さん「うまや 夫婦庵」です。
V6010012.jpg
この隠れ家的で、且つ高級感もあり、和風な趣の入り口は、非日常への入り口であります。
門をくぐると、鳥居が奥まで続く回廊になっており、中で待ち受けている美麗且つ大胆不適な卵ご飯ワールドへの期待がどんどんと膨らんでまいります。
一歩一歩歩みを進める毎に、アドレナリンの分泌量は増していき、そしてアドレナリンは唾液となり、溢れんばかりの唾液は、卵ご飯への期待で乾いた喉を優しく潤してくれる・・・ちょっと書いていて気持ちの悪くなりましたけれども。
V6010011.jpg
さてさて。
古民家風のつくりになっているここは、空間的にも狭苦しくなく、居心地も良く、プロデューサー市川猿之助の公演案内なども貼られております。
入り口から、趣のある作りの階段を上り、二階の座敷へ。
座敷とは言え、テーブル席がメインです。
V6010002.jpg
テーブルの上にはミネラルウォーターと・・・メインディッシュの卵が!!!
V6010001.jpg
そうです、ここ「うまや夫婦庵」ではご飯、ミネラルウォーターと生卵が食べ飲み放題なのです!!(多分)
つまり、定食を頼み、一杯目のご飯は普通におかずで頂き、二杯目を卵ご飯にする!!なんてリッチ且つアグレッシブ且つファンタスティックな楽しみ方が出来てしまうのです!

そんなすばらしいサービスと雰囲気のためか、ややお高めなお昼のメニューではありますが、ランチタイムには、ほぼ満席状態になってしまう人気ぶりです。
ちなみに、ここに外人さんをつれてくると大層喜ばれます。

本日注文したのは、豚とキャベツの冷しゃぶ定食です。
V6010003.jpg
・・・ぶっちゃけ味は普通に美味しい程度です。
しかし、


メインは二杯目に作る卵ご飯ですから!!!

V6010006.jpg
さてさて。
卵ご飯と、単に言いましても、食べ方には色々な楽しみ方がございます。

■卵ご飯の作り方の違い

 <なだれ式>
卵をかき混ぜずに、そのままご飯にドチャーっとかける方式。

 <スクランブル式>
卵をかき混ぜてから、ご飯にソロソロとかける方式。
醤油をかけるタイミングにより「醤油先入れ派」と「醤油後入れ派」で大きく分派しております。


また、卵のかける場所にも流儀があります。

 <中央集権型>かけるときにご飯の中央に穴をあけてそこに流し込む。
V6010007.jpg

V6010008.jpg


 <地方分権型>
ご飯の端っこを掘って外から流し込んでいく。

更に更に、卵を流し込んだあとの召し上がり方も、神をも恐れぬ勢いで一気にご飯とかき混ぜる「猪突猛進タイプ」
V6010009.jpg
と、然程かき混ぜず、戦況をじっくりと見ながら徐々に混ぜながらその変化を味わっていく「大器晩成タイプ」など、その食事タイプは、まさに十人十色なのです。
言ってしまえば、「猪突猛進タイプ」は信長タイプで、
「大器晩成タイプ」は家康タイプ
となったりもするのです。


卵ご飯ひとつで、天下が取れるかどうかまでわかってしまいます。


ちなみに、管理人はというと、
「醤油先入れ派スクランブル式」の「中央集権型」の「猪突猛進タイプ」で、海苔でご飯をまいて食べます。
みなさんも、卵ご飯を食べるときには、相手を観察してみては如何でしょうか?
その人の意外な一面が見えてくるかもしれません。


うまや 夫婦庵
港区西麻布1-2-9
03-5771-6331
【週替わり 料理長おすすめ定食】¥1100

【偉そうに採点】★5つで満点/☆は半分
■味・・・★★★★☆(定食は普通ですが、卵ご飯はうまい!)
■ボリューム・・・★★★★★(二杯目は卵ご飯でボリュームたっぷり!)
■価格・・・★★★☆(やや高めです。)
■サービス・・・★★★★(クレンリネスもしっかりしていて、サービスも中々です。)
■リピート度・・・★★★★☆(卵ご飯が食べたくなったら是非。)
■分煙状況・・・残念ながらありません。もったいないです。

【一言コメント】
六本木で卵ご飯をどうどうと、お腹一杯食べれる貴重なお店です。吉野家や松屋で、卵ご飯を食べているとなぜか哀愁を感じます。
  1. 2005/12/04(日) 23:29:23|
  2. ¥1,001~¥1,500|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
次のページ


カレンダー&エントリーした日

11月 « 2021年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

文書保存館

お値段別カテゴリー

リンク

管理人のチェックしてるブツ

管理人のお勧めなマンガ

このブログ内記事検索

amazonお買い物サーチ

blogランキング